You are here: Home > よくある質問(蓄熱式電気暖房器)
蓄暖とは?

 

設置例

 

薪ストーブのある家

 

薪・ペレットストーブ設置例

 

ドイツ本社

 

オーリー君の紹介

 

販促材のお知らせ
よくある質問 オルスバーグ蓄熱式電気暖房器

Q1 どのような暖房器なの?

Q2 どんな環境でも使えるの?

Q3 自分で設置できるの?

Q4 操作はカンタンなの?

Q5 メンテナンスは?

Q6 どの機種を選べばよいの?

Q7 電気代はどのくらいなの?

Q8 どんな種類があるの?

Q9 送風ファンの音はどのくらい?

Q10 オルスバーグのメリットは?

Q11 何か注意することは?

Q1 どのような暖房器なの?
A1
安価な深夜電力を使って、本体内のレンガに蓄熱し暖房を行います。蓄熱中も輻射熱による放熱が多少あるので、24時間暖かさが持続します。
Q2 どんな環境でも使えるの?
A2
輻射熱を使って暖房するので基本的に高気密・高断熱の住宅に適しています。設置場所は本体の周囲に十分な空間(離隔)が確保できる場所をご検討下さい。本体の固定には壁の補強が必要となります。また機種の重量によって床の補強が必要になる場合があります。
Q3 自分で設置できるの?
A3
いいえ。
200V電気工事が必要なので電気工事業者に依頼する必要があります。販売店または専門業者にご相談して下さい。
500シリーズ及びアストラルシリーズの電源は、時間帯別電灯契約(オール電化等)の場合、200V電源のみ必要です。
但し深夜電力契約の場合は別途100V電源も必要となります。
Q4 操作はカンタンなの?
A4
はい。ダイヤルで室温と蓄熱量を設定します。とても簡単なのでどなたでも設定できます。夜間はマイコンが計算して必要な分だけ自動的に蓄熱を行います。
Q5 メンテナンスは?
A5
日常のお手入れ
一週間に1回程度、お部屋のお掃除の際に、以下の箇所に付着している埃を掃除機やブラシで取り除いてくだい。(本体背面・両側面のスリット、吹出しグリル回り、転倒防止金具の パネルカバーなど)

定期点検のお勧め
末永く安心してお使い頂く為にも、3年に1回程度の点検清掃をお勧めします。点検の依頼は、有料になりますが販売店か工務店へご依頼ください。清掃と部品点検・動作確認を1時間程度 で行います。基板、センサー、ファン部、その他電子端子台への埃の付着が原因で故障を招く場合があります。
Q6 どの機種を選べばよいの?
A6
住宅の断熱性等によるので表1を参考にして下さい。
Q7 電気代はどのくらいなの?
A7

電力会社により料金メニューが異なります。 表1を参照して下さい。


*全機種マイコン内蔵ですので各電力会社の通電制御割引が可能になります。(電力会社により異なりますので、最寄の電力会社へお問合せください)

表1

タイプ 暖房範囲の目安(参考値) 月額電気料金(暖房期間平均)注1
2kW 4~7畳位 4,000円程度
3kW 6~11畳位 6,000円程度
4kW 8~15畳位 8,000円程度
5kW 10~18畳位 10,000円程度
6kW 12~22畳位 12,000円程度
7kW 14~26畳位 14,000円程度


注1:平成27年3月現在の東京電力の電気メニュー(電気上手)から試算。

 

暖房範囲の上限値は次世代省エネ基準Ⅳ(Q値=2.7/w㎡k)程度です。(温度差20℃時)
※吹き抜けや階段等が有る場合を除く。
電気料金は暖房期間の平均です。厳冬期では上記より高くなる場合がございます。
実際の電気料金は電力会社によって料金や割引が異なるので目安とお考えください。
※詳細は最寄りの電力会社にお問い合わせ下さい。

<1kwh当たりの電力単価>
例)東京電力 電化上手の場合(平成27年3月現在)
電力単価
Q8 どんな種類があるの?
A8 ファン付モデルは14機種あります。その他にコンパクトなファンレスモデルとして3機種を準備しており、全機種17機種 標準型、縦長型、横長型よりお選びいただけます。
Q9 送風ファンの音はどのくらい?
A9 30.8db以下なのでとても静かです。
Q10 オルスバーグのメリットは?
A10 いっぱいあります。
  • 操作がとても簡単なのでどなたでも安心してご使用できます。
  • 操作パネルに残熱量の表示ができるので運転状態がわかります。
  • 全機種マイコン制御なので、経済的です。
  • 送風ファンの音がとても静かなので運転中も気になりません。
  • 輻射熱により室内を陽だまりの中にいるように暖めます。夜間の蓄熱中にも自然放熱しているので朝も冷たくありません。
  • もしもの地震や加熱にも各センサーが感知し、安全性を確保します。
  • ファン付き・ファンレス全17種類のラインナップでさまざまな部屋に適応できます。
Q11 何か注意することは?
A11 次のことをご考慮してください。
  • 機種を選択される場合、断熱効果等を考慮してお選びください。(断熱性の低い部屋では十分な暖房効果が得られないことがあります。)
  • 設置場所につきましては、放熱効果を考慮し本体周囲に必要な離隔距離を確保する必要があります。(推奨離隔 左右各30cm以上・上部60cm以上)
  • 設置の際、転倒防止金具を取付けるので、壁の補強が必要となります。(カーペット類・畳等の上に直接設置することはできません。)
Copyright (C) オルスバーグジャパン株式会社 All rights reserved.